ファーを自宅で洗濯・クリーニングする方法

今日11月20日は毛皮の日

日本毛皮協会が「い(1)い(1)フ(2)ァー(輪=0)」の語呂合せで1989年に制定だそうです。

そんなわけで寒さもいよいよ本番!

意外にダウンは洗うけど、ファーって洗えるの?高いよねって人必見。

自宅でファー(毛皮)のクリーニング方法教えちゃいます。

凄く簡単に綺麗になります!しかも お安い。

 

ズバリ

お風呂場にある

シャンプーとコンディショナーで洗うだけです!

 

用意するもの・必須

    洗面器
    バスタオル(ない場合は、小さいタオル複数枚)
    シャンプー
    コンディショナー
    ドライヤー
    目の粗いブラシ

クリーニング手順

1.洗面器にぬるま湯(人肌位の35度前後)を入れます。

2.シャンプーを1プッシュ洗面器で溶かし、

ファーを丁寧に浸け置き洗濯。(揉んだり擦ったりすると毛が抜けます)

汚れているファーだと洗面器がみるみる汚れます。

3.同じ温度のお湯でシャンプーをすすぎマス。

4.洗面器のシャンプーは捨てて、またお湯を貯めて、

そこにコンディショナーを溶かして浸けます。

5.しっかり脱水。(洗濯機なら30秒くらいで十分)

6.タオルで水分を吸い取ったら

7.ドライヤーで10分くらい全体的に乾かす。

8.仕上げにブラシでブラッシングして梳いて毛並みを整える

 

以上です!

いかがでしょうか?洗いから乾燥まで30分位でほど

 

ある意味同じ毛=女性の髪と同じような理屈です。

 

安いフェイクファー(アクリル繊維が多く使われている人工皮革、模造毛皮)なら
ぜひ1度お試しください。

フォックスファーやラビットファーでも同じように自宅でクリーニング出来ます。

ただ、やはりデリケートな素材ですから
水にぬれた毛は非常にもろくなっていたようで、すぐに切れてしまったりしますので
とにかく優しく優しくがコツだと思います。

ただ

高いリアルファー(本物の動物の毛)は、勇気がいるので当店でクリーニングお願いします!

もちろん、自宅で洗うホームクリーニングの場合は自己責任でお願いします

余談ですが、リアルファーも毎年クリーニングするよりは2年に1回位で良いと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加