バリ島のランドリー洗濯事情をクリーニング屋が視察!

コインランドリーをオープンさせて今後の事業展開のため、
日本だけではなく海外のお洗濯事情を視察するためにバリ島へ。


バリの町のなかでちらほら見かける「Laundry」という看板。

どこにランドリー(洗濯屋)があるの?って思う位、
綺麗・汚い問わず、街中その辺にあります。





ただ、どうも日本のクリーニング店とは違い
コインランドリーとクリーニング店の中間?両方?という感じで

洗濯⇒アイロン⇒たたみ⇒パッケージして お客様へご返却という

ランドリーといっても、当店でいう「洗濯代行」に近い業態のお店ばかり


 

バリにはコインランドリーは存在しないとのこと。

 

 

正直 日本のようなドライクリーニング店は1件しか見つけられませんでした。

バリ島 ドライクリーニング店
そりゃそうですよ、平均気温が30度超えているのに
スーツやらセーターなどのドライクリーニングが必要な洋服を着ている人は居ません(笑)

 

洗濯(ランドリー)料金もお店によってばらばらで
Tシャツ1枚1,200ルピアとか 「1kg」=いくらといった料金形態。

バリの物価が安いので、正直激安です
1200ルピアなんて約10円ですよ?

平均月収3万円位らしいです。中~高収入の人でも月収6万円位とか。

ホテルのランドリーサービスもありますが5倍くらいの料金してました。
(写真撮り忘れました・・)

 

バリ旅行に行った際は、ぜひ一度新しい体験として

町のランドリーサービスを使うことオススメします!
(高級品やお気に入りではなく、Tシャツとか下着などにしましょう)

忘れられない思い出になるよう

匂いきつめの柔軟剤で仕上げてくれます(笑)

 

余談ですが、バリ島ではヒンドゥー教の影響で洗濯物を「頭の上に干す」ことは
「不浄」とされているそうです。
なので、芝生の上に平干しとかしてるそうです!

ホテルのタオルなどは、日本と同じでトラックや
普通の乗用車で集配して洗濯。


こういった業務用タオルのクリーニングしているところの営業時間も興味深かったです。

ホテルの清掃後集配⇒洗濯開始のせいか ほとんどのお店が午前中開店してませんでした。

なので、ホテル近くのランドリーは夜遅くまで営業しているところが多かった!


なんか家族?みんなでワイワイ洗濯してました。
親族経営のウチにしてみたら、なんかとても懐かしい

 

他にも”お洗濯”繋がりで柔軟剤のお話し。

町のスーパーのビンタンスーパーマケットでは

柔軟剤「モルトmolto」がたくさん売ってました。

日本で大ブームだった(過去形)「ダウニー柔軟剤」特設コーナーありました
(正確には、アジアンダウニーというアメリカとは別もの)



日本では見たことのないサイズのダウニー 18,600ルピア=約155円

こちらは旅行者用やお土産に最適なサイズの柔軟剤 5,500ルピア(IDR)=約45円



 

バリの人に負けずにがんばって働いて

今度はバリ島のウブド方面の洗濯事情視察に行きたいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加